商品(自動車)

合鍵・クローンキー

自動車/バイクのブランクキーは数種類を常時取り揃えていますので、合カギ、紛失時のカギ作成などご一報ください。

イモビライザーチップを内臓したブランクキーも常時取り揃えておりますので、クローンキー(コピーキー)の作成、追加キー(マスタ/サブ)の作成などの対応が可能です。

また、カバーが破損した場合などはブランキーにて合カギを作成し、合カギに内部の基板を移植することにより表面カバーの交換が可能です。

 






イモビライザー

  トランスポンダチップ作成

新しいトランスポンダチップが実車で使えるよう、イモビ情報を書き込みます(純正キーの場合は予めイモビ情報が登録済みとなりますので新品/中古に限らずイモビ情報は流用となります)。

お車により、既存キーの情報をコピー(クローンキー作成)するだけで、新しいキーが使える車種もあります。

トランスポンダチップの作成は、車種/年式により様々なバリエーションがございますので、先ずはご一報ください。

 

  ECUデータ書換え

お車に新しいキーを登録するには、ECU(electronic control unit)のデータの書換が必要となります。
ECUのデータ書換えは、サービスコネクタ(OBDポート)にテスタを接続して実施するテスタ書換えと、ECUのROM(メモリ)を外して実施するROM直接書換えがあります。

ECUのデータ書換えは、車種/年式により相違があり、また最近のお車ではテスタ書換えと、ROM直接書換えの両方が必要となる場合もありますので、先ずはご一報ください。

また、業者様に限定しECUの郵送書換えサービスを賜ります。
現品(ECU,EWS,CAS,EZSなど)、スペアーキー(なければキーシリンダ(ドアなど))、車検証コピー、免許証コピー、業者様の証明(名刺など)を郵送して頂ければ、ECUデータを初期化し返送します(返送後のECU取付、キー登録(メーカ手順)及び最終確認は業者様に実施頂きます)。

 

  実車へのキー登録/確認

ECUデータの書換え後、実車にて新しいキーと、既存キーを再登録します。

手順は、ECU復旧→再登録→確認となります。

再登録は基本的にメーカ指定の手順での実施となります。

再登録後に全てのキーで、エンジン始動/リモコン動作などに問題のないことを確認します。